商品カテゴリー

スタッフ紹介

宮坂忠昌

宮坂忠昌

業界60年の大ベテラン。
特注品やバッチなど製造過程をすべて把握してます。
なんでもご相談ください。

渡邉幸恵

渡邉幸恵(アドバイザー)

お客様のご要望・お気持ちに的確にお応えし敏速にご提案いたします。

「表彰 盾」と「表彰 楯」に違いってあるの?それぞれの特徴についてご紹介

表彰シーンでよく目にする「楯」。たまに、「楯」ではなく「盾」と書かれていることがあります。この違い、とても気になりませんか?楯と盾とでは、何か違いがあるのでしょうか。実際に表彰楯を扱うショップを見ると、楯だったり盾だったり…。今回は、楯と盾の違いや、当店で扱うおすすめの楯についてご紹介します。

「表彰盾」と「表彰楯」の違いとは?

一見、その違いが分からない「表彰楯」と「表彰盾」の違いについて見てみましょう。

そもそも盾と楯の違いとは?

まずは、盾と楯の言葉の意味の違いについて、調べてみましょう。広辞苑によると、楯や盾は「戦陣で、手に持ち、または前方に立て、敵の矢・銃丸・槍・剣などを防ぐための武器。」と書かれています。

つまり、盾も楯も、武器として身を守るための道具に違いはないようですね。防具として同じものを指しても、特に木製のものを「楯」とするといった違いがあるようです。

一般的な表彰盾の表記とは?

では、表彰用の楯の場合はどうでしょうか。これは、もちろん防具ではありませんので、防具としての楯のように使い分けることができるのか、正解があるのか気になるところです。

結論から言うと、表彰盾と表彰楯、どちらも同じ意味で使われており、何らかの理由で使い分けなければならない、という明確なルールはないようです。つまり、表彰楯において、盾でも楯でも大して気にする必要はないということですね。

表彰楯を扱うお店によっては、楯と盾とを意図的に使い分けているところもあります。表彰楯の形状が、武器の盾の形になっているものを「表彰盾」、木製の板に取り付けてあるものを「表彰楯」とするのが一般的な表記の仕方だという意見もあります。

また、楯という漢字よりも常用漢字である盾を優先して、すべて盾の文字を使うというお店もあるようです。

表彰楯の種類

さて、それでは表彰楯(ここでは楯と表記します)について、実際にどのようなものがあるのか、当店で販売している種類や特徴をご紹介します。

木製楯

木製楯は、どことなく気品のある柔らかい雰囲気を感じさせるものが多く、家具に馴染みやすい色合いで飾りやすいのが特徴です。この木製楯は圧縮材に樹脂製のレリーフが取り付けてあります。女神様が地球を抱えているような個性的なデザインで、芸術分野などの表彰にもおすすめです。サイズ展開は5種類あるため、大会の規模や順位によって使い分けも可能です。

ガラス盾

ガラス製の本体に樹脂レリーフが取り付けてあります。爽やかで美しいガラス製の楯は、上品な印象を与えます。女性にも人気が高く、十分な重みが高級感にもつながり、大人を対象とした表彰に特におすすめです。ガラス製というだけで分野を問わず使いやすいですが、レリーフが取り替えできるものであれば、大会のイメージを損なうこともなく安心です。一般的にガラス楯は他のものより高価となることが多いですが、当店ではリーズナブルな価格でお求めやすいものもたくさんあります。

アクリル楯

ガラス製の楯と同様に、透明感が美しいですね。ガラスではなくアクリルが使用されているため、重みはガラスほどではありませんが、透明感は負けません。軽くリーズナブルなものが多いため、子ども向きの大会や予算に限りのある小規模の大会などで使いやすいのではないでしょうか。とても人気が高いですよ。

フォトフレーム楯

写真たてそのものの表彰楯となっています。この楯をもらった日に撮影した写真を飾ると、当日の嬉しい気持ちや達成感などがよみがえってきそうですね。思い出の1ページとして、いつまでも大切に飾っておきたい宝物となることでしょう。こちらはガラス製の本体に樹脂製スタンドがついていて、写真のサイズはL版です。

オリジナルメダル付き楯

レリーフの付け替えだけでもオリジナリティの高い楯になりますが、持ち込みのデータを彫刻してくれる場合は世界に1つだけのものを作ることが可能です。今まで見たことのないデザインなら、受賞の喜びもひとしお。とても感動的な出来事となるでしょう。特注レリーフの場合、通常の注文よりも時間がかかる可能性があります。時間に余裕をもって依頼されることをおすすめします。

セミオーダー楯

ロゴマークなど、ちょっとしたオリジナル要素に対応してくれるセミオーダーは、意外と便利です。特に、大会を主催する団体のロゴや企業のロゴなどが入るだけで、その価値がグッとあがったような気持ちになるからです。こちらの楯はカラーにも対応してくれます。セミオーダーできるものは限られますので、希望の場合はセミオーダー可能な商品を絞ってから検討しましょう。また、データのやりとり等で時間がかかりすぎると、間に合わなくなる可能性があります。時間に余裕をもってオーダーしましょう。

人気の表彰楯ランキング

もう少し表彰楯を見てみましょう。特に売れ筋商品に限定してご紹介します。

プラスチック盾

45%OFFを実現し、当店のなかでは一番リーズナブルな楯です。参加賞などで大人数分準備したい時にまとめ買いしても、とてもお財布に優しいのが嬉しいですね。素材はプラスチックでできています。

プラスチック盾の詳細はこちら

木製楯1

インテリアに馴染みやすい木製の楯です。王冠の赤色と装飾の金色がとても映えますね。高品質ながらお求め易い価格なのは、当店が製造販売を一貫して行う専門店だからこそ。とても人気の高い楯です。

木製楯1の詳細はこちら

木製楯2

こちらも価格控えめで幹事さん必見の木製楯。サイズ展開が豊富で、順位によって分けることができます。小さなサイズなら参加賞などとしても配りやすいですね。

木製楯2の詳細はこちら

ガラス楯

ずっしりと重みのあるクリスタルトロフィーの中でも、こちらのデザインはとても人気が高いです。中央のメダルは、約80種類もの図柄の中から選ぶことができます。様々なジャンルに適応してくれることでしょう。

ガラス楯の詳細はこちら

アクリル楯

透明なアクリルがメダルを際立たせてくれていますね。アクリルは軽くて丈夫、透明度は言うことなしの万能とも言える素材です。割れる心配が少ないので子どもさんの大会にも使いやすいですよ。

アクリル楯の詳細はこちら

ここでは、楯と盾の違いや、表彰楯の種類、当店おすすめの楯をご紹介しました。楯と盾、どちらも同じ意味で用いられることが多いですが、多少のニュアンスの違いがありましたね。表彰楯の表記においては、どちらでも構わないという意見が主で、購入する側としてはあまり気にしなくても良いことが分かりました。気になる疑問が解消できましたでしょうか?当店には、お求めやすい表彰楯が多数あります。ぜひ、チェックしてみてくださいね。