商品カテゴリー

スタッフ紹介

宮坂忠昌

宮坂忠昌

業界60年の大ベテラン。
特注品やバッチなど製造過程をすべて把握してます。
なんでもご相談ください。

渡邉幸恵

渡邉幸恵(アドバイザー)

お客様のご要望・お気持ちに的確にお応えし敏速にご提案いたします。

ゴルフコンペのトロフィーの選び方とおすすめを紹介

ビジネスの場面でよく活用されるスポーツといえば、ゴルフを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ゴルフコンペなどでは、優勝者にトロフィーを用意するケースが少なくありません。今回は、ビジネスでゴルフを活用するメリットや、ゴルフコンペにおすすめのトロフィーについてご紹介します。

ビジネスにも活用することができるゴルフの魅力

ゴルフは、趣味として個人で行う人からプロの選手、社会人のコミュニケーションの手段として楽しむ人まで、様々ですね。現代は、社会人になっても様々なスポーツを楽しむ人がいますが、フットサルやボルダリングなど一昔前には知られていなかったスポーツも数多く存在します。

そんな中、今も昔も親しまれているのがゴルフですね。その目的は人それぞれで、全身を使う運動を無理なく行いたい人や、豊かな自然を満喫しながらリフレッシュを兼ねて行う人もいます。

こうした楽しみを、一人だけでなく誰かと一緒に楽しめる点がゴルフの醍醐味ではないでしょうか。ゴルフがビジネスの場面で活用されることが多いのは、若い人から年配まで幅広い世代が参加しやすいことや、プレー以外の時間でコミュニケーションをしっかりととれることも関係しているでしょう。

こうしたメリットがあるからこそ、ビジネスで良い関係をつくるためにゴルフが活用され、頻繁にコンペが開かれるのも納得ですよね。

ゴルフは、あまり上手ではない人から上級者まで一緒にできるスポーツでもあります。コミュニケーションを一番の目的として楽しむ時は、ただ競い合うのではなくハンディキャップをつけて楽しむことができるスポーツでもあるのです。

社会人になりたての若い世代が、ゴルフコンペに誘われてしぶしぶ参加しているうちに、その魅力に気がついて一番の趣味になったという話もよく聞きます。野球やサッカー、フットサルなどのように時には全速力で走るなどの派手さはないかもしれませんが、スポーツが苦手な方も続けやすい点が多くの人を惹き付けるのかもしれませんね。

ゴルフコンペのトロフィーの選び方

もちろん、ゴルフコンペの目的がコミュニケーションだったとしても、そのコンペで一番良いスコアを出した時はやはり嬉しいものです。ゴルフコンペでは、その時の優勝者への記念としてトロフィーを用意することが多く、ゴルフが好きな人にとってはとても喜ばしい記念品になります。

ゴルフコンペのスタイルで選ぶ

予算に合わせて選ぶ

ビジネスのゴルフコンペでは、使える予算に限りがあるかもしれません。トロフィーにかけられる予算から、選ぶのも1つの方法です。トロフィーは、応接室に飾っても問題ないほど豪華なものから、数千円程度のリーズナブルなものまで様々。一般的には、持ち回り用として1万~2万円程度、渡し切り用として5千円~1万円程度のものが選ばれる傾向にあるようです。

渡し切りにおすすめのゴルフ用トロフィーはこちら

デザインで選ぶ

トロフィーには、それぞれのイベントにマッチするようなものも多数あります。特に、スポーツ用であればその競技をモチーフにしたものも豊富。ゴルフは、定番中の定番ともいえるため、比較的探しやすいでしょう。

リーズナブルなゴルフ専用トロフィーはこちら

レプリカの作成もおすすめ!

持ち回りのトロフィーや優勝カップを準備する場合は、次回開催時に返却してもらうこととなり、せっかく優勝しても手元にずっと残しておくことができません。そのため、返却時にはレプリカを渡すのが通例となっています。

レプリカは、やや小さめのレプリカを用意するケースが多く、渡すまでには時間の余裕もあるため、優勝した日付や場所、記録などを刻印することができ、喜ばれます。

小さめのレプリカであれば、リーズナブルなものも多いため、渡し切りのものをその都度用意するよりはお得になることも多いです。せっかく参加して楽しいひとときを過ごされたのなら、形に残る記念品はあった方が良いですね。持ち回り用のトロフィーを準備されるのであれば、ぜひレプリカの準備も検討しましょう。

貴重なプレーがあったときの記念にも

プロゴルファーでも珍しい、ホールインワンやアルバトロスを記録した時には、ぜひその記念を残しておきたいものですね。実力はもちろんですが、そのときの環境などの条件が揃わなければ達成不可能な、非常に稀で一生の思い出に残る出来事でもあります。

こうした場合のトロフィーには、使用したクラブや達成した日時を刻印するのが一般的。近年は、コースレイアウトを入れて作成するものも人気があります。ホールインワンやアルバトロスを達成した時はパーティーやコンペ開催を自費で行うのが通例ですが、こうした時のために保険に入っておくという人も多いです。

高価なトロフィーは保険に加入

ホールインワンやアルバトロスを達成した時に発生する、パーティーやコンペ開催費用をカバーする保険では、効果なトロフィーの作成もその内容に含まれている場合があります。

実は、ホールインワンやアルバトロスを出した時には、これらのお祝いの費用だけでなく、お世話になったキャディーさんへのお礼や一緒にラウンドした仲間との食事代なども負担するのが暗黙のルールとなっています。

一方で、自分のためにもホールインワンの記念を残しておきたいと考える人もいるでしょう。豪華なトロフィーや、記念樹などが代表的ですが、ホールインワン保険の中にはこうした費用まで内容に含まれているものもあります。ホールインワン保険を選ぶ際は、その内容も吟味して選ばれることをおすすめします。

ゴルフコンペにおすすめのトロフィー3選!

それでは、最後にゴルフコンペの主催者になった時のために、おすすめのトロフィーを3つご紹介します。

ゴルフ専用トロフィー

ガラスでできたゴルフボールが美しいトロフィーです。5つのサイズがあり、台座は大理石のものやガラス台のものがあります。

ゴルフ専用トロフィーはこちら

ブロンズトロフィー

ひと目でゴルフのトロフィーだと分かるモチーフが特徴です。台座の天然石が重厚感を与えます。

ブロンズトロフィーはこちら

ゴルフ専用トロフィー

ガラスの中に3D加工された立体的なモチーフがおしゃれなトロフィーです。虹色に見える加工がなされています。

ゴルフ専用トロフィーはこちら

ここでは、ゴルフコンペをビジネスで行うメリットや、ゴルフコンペでのトロフィーの選び方などをご紹介しました。特に男性は、社会人になるとゴルフのお誘いがあるかもしれませんし、こうした機会にコミュニケーションの輪が広がる可能性もあります。主催者としてゴルフコンペを進行していく場合には、トロフィーを記念品として準備してはいかがでしょうか。