トロフィーを制作する際に知っておきたい基礎知識

トロフィーを制作する際に知っておきたい基礎知識



トロフィーの基礎



トロフィーはギリシャ語の戦利品を意味する言葉が語源で、戦争で勝った際に敵から取った盾などの武器を飾る習慣から根付いたものです。典型的なものは木などで作られた土台、名前などが刻印されるプレート、そして輝きのある装飾された本体から構成されます。毎年同じものが使用される場合は、ペナントと呼ばれる布がついています。

世界的にも有名なサッカーワールドカップの優勝国に贈られる純金製のFIFAワールドカップトロフィーや、日本でも大相撲の優勝力士に贈られる大きな天皇賜杯は有名です。

最近ではガラスをカットして装飾をガラスの中に入れたものや、3Dプリンタを使ったモニュメントなどこれまでの定番や伝統にとらわれない様々なデザインや材質のものが出てきており、表彰の場により華やかな彩りを加えています。

トロフィーを制作する場合は色々なデザインから検討し、そのイベントに合った最適なものを作ります。作られたものは表彰される人の名誉を称えるとともに、制作した主催者側の知名度や力を示すものとして人から見られる場所に長く飾られることとなります。せっかくなら、一生の記念として誇ることができるものを制作したいですよね。今回の記事ではトロフィーの種類と特徴、制作する際の注意点を紹介します。



トロフィーの種類



最もよく知られている形として本体が4本柱のトロフィーがあります。上部や柱部分には、トロフィー人形と呼ばれるワシや女神などの装飾が施されます。大型のものに多く見栄えのするものです。さらに、本体が1本柱のものもスタンダードなものとして分類されます。また、前述の大相撲の天皇賜杯のようなカップ型のものも定番と言えます。カップには通常の金属製からガラスカップ、樹脂製のカラーカップ、さらには紀州塗カップや江戸切子のカップなど様々な種類や模様が準備されています。

ブロンズトロフィーは、本体部分がブロンズ像になっておりモニュメントや彫刻のような雰囲気を出します。また、近年主流となりつつあるクリスタルトロフィーはガラスなどで作られ、透明でガラス内部に文字や彫刻、メダルなどの装飾がなされているインパクトのあるものです。

素材も様々なものが用意されており、その中でも定番の真鍮は、合金ですが金のような輝きがあります。他にも、銅や銀なども昔から定番で使用されています。また、アルミニウムは軽く強度もあるため、この制作現場においても重宝されています。よく耳にするジュラルミンもアルミニウム合金の一種で加工に秀でており、このように様々な金属が用意されています。金属の種類によってはサビが出てしまったり、劣化しやすい材質があったりするため、記念品なので作る際は耐久性なども考慮します。金属は主に絞りなどの技術により加工したり、専用の機械を使って加工されます。また、プラモデルでもよく使用されるダイキャスト(金型に高圧で鋳造する)という方法で大量に作られる場合もあります。

樹脂は強度や輝度では劣りますが、金型で大量に作ることができ、コスト面では大きなメリットがあります。

また、クリスタルトロフィーの材料としてガラスがあり、これは耐久性にすぐれ、汚れも落としやすいものです。光学ガラスというさらに透明度の高い材料もあります。、アクリルはガラスよりも加工がしやすく、軽くコスト面で優れています。



制作の注意点



トロフィーは通常の商品と違い、選んだり主催者名を記載したりとオリジナルの要素が強いものです。当然、制作には時間がかかります。テンプレートがあるものやプレートに刻印をするだけの商品であってもすぐに手元にという訳にはいきません。十分な時間を取って準備と発注を行います。また記念品という性質上、誤字などは絶対に許さないので、念には念を入れて確認をしましょう。

最近では、イラストレーターなどのファイルでアウトライン化したデータを入稿するサービスが多くあります。これらの場合、その店舗で決まっているルールを注意深く読みましょう。例えば、イラストレーターの場合はグレースケールへの変更や、かならずK100にするように決められている場合があります。また、隅に指定の空欄が必要なことはよくあります。これらを読まず入稿を行ってしまい実際想像していたものと見栄えが違っても、こちらのミスとなってしまいます。また、データとしては正しくても、出力する機械の性能や特性なども注意をしなければなりません。例えば、一定以上の線の細さや文字の小ささは表現できないというのはどの機械にもある問題です。その結果として大切な文字がつぶれてしまうような現象が出たり、重要な主催者のロゴがはっきり見えないというようなことが起こってしまいます。

大きさも重要な要素の一つです。一般的な大きさは55cmから80cmと言われています。順位によって大きさを変えるのが通常ですが、下位のものがあまり小さくならないようにすることも受け取る側への配慮となります。また行われるイベント全体の統一性や、過去のものと比べてバランスが崩れるようなものは避けたいと思われるでしょう。表彰式をよくイメージして、良い記念となるトロフィーを作りましょう。

 
  
  
ページ先頭へ戻る

お買い物ガイド SHOPPING GUIDE

お支払方法

お買い物のお支払方法には、以下の方法からご選択いただけます。
ご注文受付後のお支払方法の変更はできませんのでご了承ください。
※価格表示は税込みで表示しております。

トロフィー・優勝カップ等の既製品ご注文の場合

  1. 来店支払い(現金支払)※当店はJR高田馬場駅徒歩1分です
  2. 銀行振り込み(先払い・入金確認後の発送)
    銀行名 :みずほ銀行 高田馬場支店
    預金種類:普通預金
    口座番号:0706330
    名義  :カ)ミヤサカキショウ
  3. 代金引換(下記手数料お客様負担)ヤマト運輸
    1万円未満:324円
    1万円以上~3万円未満:432円
    3万円以上~10万円未満:648円
    10万円以上~30万円未満:1,080円
  4. 決裁
    宅急便コレクトお届け時カード払い
    ※お支払い回数は一括のみのご利用となります。

バッジ等の特注品

  1. 注文の時に半金(上記銀行へ振込又は店頭支払)納品時に残金支払
    ※特注品の詳しい支払い方法についてはご注文の際にご確認ください。

送料について

ヤマト運輸

お荷物はヤマト運輸でのお届けです。
送料:本州一律900円 10,000円(税込)以上で送料無料(1配送分) ※日本国内のみの発送となります。

10,000円以下の場合

本州:一律900円 / 北海道・九州:1,338円 / 沖縄:1,561円

配送について

配送日時指定・時間指定が可能です。

午前中/8時〜12時/12時〜14時/14時〜16時/16時〜18時/18時〜20時/20時〜21時 お届け日の目安
メディア紹介 リーピーターのお客様

お急ぎの方は2~3日で納品相談可!

FAXまたはお電話にてご相談ください。

03-3361-0736

FAX